米津玄師(ハチ)アルバム・シングル全作品&収録曲一覧集!

米津玄師 ハチ シングル アルバム

スポンサードリンク




ドラマや映画の主題歌を担当したり、

今や誰もが知るトップアーティストとして名を馳せている米津玄師。

今回はそんな米津さんと、別名義「ハチ」の

現在までのアルバム・シングル&収録曲をすべてご紹介したいと思います!

こちらの記事を読めば、米津さんの今までの足跡がわかりますので

「まだ全ては知らないかもしれない・・・」という方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

米津玄師(ハチ)アルバム&収録曲一覧集!

まずは米津さんと、別名義の「ハチ」が今まで発売したアルバムを振り返ってみようと思います!

米津さんを「ハチ」時代から応援している方、最近知ってハマり始めた方、

色々な方がいらっしゃるかと思いますが、どんな方もこちらを読めば

米津玄師の軌跡を深く知ることができますよ♪

古い順にご紹介していきますね!

2012年5月発売『diorama』

【発売日】

2012年5月16日

【収録曲】


ゴーゴー幽霊船
駄菓子屋商売
caribou
あめふり婦人
ディスコバルーン
vivi
トイパトリオット
恋と病熱
Black Sheep
乾涸びたバスひとつ
首なし閑古鳥
心像放映
抄本

米津玄師としてデビューして最初にリリースしたアルバム。

「米津玄師」の原点であり、はじめてこのアルバムを聴いたときは

全開の米津ワールドに脳内がしびれました。笑

2014年4月発売『YANKEE』

【発売日】

2014年4月23日

【収録曲】

リビングデッド・ユース
MAD HEAD LOVE
WOODEN DOLL
アイネクライネ
メランコリーキッチン
サンタマリア(ALBUM VER.)
花に嵐
海と山椒魚
しとど晴天大迷惑
眼福
ホラ吹き猫野郎
TOXIC BOY
百鬼夜行
KARMA CITY
ドーナツホール(COVER)

iTunes年間ランキングBest of 2014 “ベストアルバム”を受賞したアルバム。

タイトルの『YANKEE』には「移民」という意味があるそうで、

ボカロの世界から生身の世界で活躍を始めた米津さんの決意のアルバムともいわれています。

私は中でも『MAD HEAD LOVE』が好きです!

意味がわからない歌詞ともいわれる曲ですが、

「憎しみと愛」の紙一重さを見事に米津流に表現しきった曲だと思います。

2015年10月発売『Bremen』

【発売日】

2015年10月7日

【収録曲】

アンビリーバーズ
フローライト
再上映
Flowerwall
あたしはゆうれい
ウィルオウィスプ
Undercover
Neon Sign
メトロノーム
雨の街路に夜光蟲
シンデレラグレイ
ミラージュソング
ホープランド
Blue Jasmine

この3rdアルバムは、

米津玄師の新しい音楽観を詰め込んだアルバムだと思います!

どちらかというと静か目な曲が多いので

センチメンタルな気分のときによく聴きます。笑

2017年11月発売『BOOTLEG』

【発売日】

2017年11月1日

【収録曲】

飛燕
LOSER
ピースサイン
砂の惑星( + 初音ミク )
orion
かいじゅうのマーチ
Moonlight
春雷
fogbound( + 池田エライザ )
ナンバーナイン
爱丽丝
Nighthawks
打上花火
灰色と青( + 菅田将暉 )

言わずと知れた名アルバムですね!

CMのタイアップとして使用されたり、

映画の主題歌が収録されていたりと、米津玄師渾身のアルバムとなっています。

俳優の菅田将暉さんとの楽曲も収録されていて、

イケメン&イケボイス二人のコラボが話題になりましたよね〜♪

ハチ名義:2010年2月発売『花束と水葬』

【発売日】

2010年2月7日

【収録曲】

Persona Alice
WORLD’S END UMBRELLA
Mrs.Pumpkinの滑稽な夢
バウムクーヘン
clock lock works
Ghost Mansion
Qualia
恋人のランジェ
花束と水葬

ハチ名義:2010年11月発売『OFFICIAL ORANGE』

【発売日】

2010年11月14日
(2013.10.23再販)

【収録曲】

パンダヒーロー
演劇テレプシコーラ
リンネ
神様と林檎飴
結んで開いて羅刹と骸
沙上の夢喰い少女
病棟305号室
眩暈電話
マトリョシカ
白痴
ワンダーランドと羊の歌
遊園市街

米津玄師(ハチ)シングル&収録曲一覧集!

ではここからは、米津さんのシングル曲の一覧をご紹介していきます!

どの楽曲も名曲ばかりですが、

米津さんは色んな雰囲気・チューンの楽曲を幅広く作成できるので

好みだけでなく、気分によっても必ずぴったりの楽曲に出会えるのも

米津玄師の魅力のひとつですよね。

古い順に記載していきます〜。

2013年5月発売『サンタマリア』

【発売日】

2013年5月29日

【収録曲】

サンタマリア
百鬼夜行
笛吹けども踊らず

2013年10月発売『MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー』

【発売日】

2013年10月23日

【収録曲】

MAD HEAD LOVE
ポッピンアパシー
鳥にでもなりたい

2015年1月発売『Flowerwall』

【発売日】

2015年1月14日

【収録曲】

Flowerwall
懺悔の街
ペトリコール

2015年9月発売『アンビリーバーズ』

【発売日】

2015年9月2日

【収録曲】

アンビリーバーズ
旅人電燈
こころにくだもの

2016年9月発売『LOSER / ナンバーナイン』

【発売日】

2016年9月28日

【収録曲】

LOSER
ナンバーナイン
amen

2017年2月発売『orion』

【発売日】

2017年2月15日

【収録曲】

orion
ララバイさよなら
翡翠の狼

2017年6月発売『ピースサイン』

【発売日】

2017年6月21日

【収録曲】

ピースサイン
Neighbourhood
ゆめくいしょうじょ
ピースサイン(Instrumental)

2018年3月発売『Lemon』

【発売日】

2018年3月14日

【収録曲】

Lemon
クランベリーとパンケーキ
Paper Flower

2018年10月発売『Flamingo / TEENAGE RIOT』

【発売日】

2018年10月31日

【収録曲】

Flamingo
TEENAGE RIOT
ごめんね

まとめ

以上が今までの米津玄師がリリースした作品たちです!

いかがでしたでしょうか。

深い意味がある曲ばかりで、

どの楽曲にもそれぞれの魅力がつまっているので

ぜひ全曲しっかり聴いて、米津ワールドに浸ってみてくださいね♪

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です